調理専門学校の情報はここから!

当サイトでは調理師になりたい皆さんの不安を解消する情報を提供します。
具体的には調理専門学校の選び方について、簡単にわかりやすくまとめて説明します。
調理師になるために学ぶことはたくさんあって学校選びはとても大事です。
たとえば目的に応じた学校や学費や入学の難易度など、気にするべきところを一通り網羅しているのでぜひジックリ読んで後悔のない学校選びをしてください。
このサイトで勉強すればきっとピッタリな学校が見つかります。

調理の技術から経営の知識まで学べる!調理専門学校の情報をまとめました

調理の技術から経営の知識まで学べる!調理専門学校の情報をまとめました 自分に合った調理専門学校の選び方で大切なのは何を作りたいのか明確にすることです。
たとえばフレンチなのか和食なのか、イタリアンなのかそれとも製菓なのか何を作りたいかによって学ぶべき調理の技術は大きく変わります。
一般的な調理師専門学校であれば調理師資格は取得できますが、そこはあくまでスタートラインです。
重要なのは「調理師になった後」の自分の生活をどこまで具体的にイメージできるかです。
大きなホテルのレストランで料理長になりたいですか?小さくても自分の店を持ちたいですか?どんな料理人でいたいですか?それをまず具体的にイメージすることです。
それができたらそこから逆算していくことで学ぶべき技術が明確になり、それを学べる調理専門学校も明確になります。

調理専門学校で学べることは料理だけではない

調理専門学校で学べることは料理だけではない 調理専門学校で学べることといえば、まずは料理です。
毎日のように調理実習があり、和食・洋食・中華など幅広く学ぶことができます。
2年制の学校もあり、2年目は自分の専攻を選びより深く技術を極めることができます。
学校によっては通信教育や課外授業で製菓に力をいれている学校もあります。
調理に付随して、調理器具の使用方法や、包丁の研ぎ方も大切な授業の一環となっています。
包丁の研ぎ方などは知っておくと家庭でも実践することができるので便利です。
調理専門学校は実習だけでなく、もちろん座学もあります。
料理や食材に関係することで、栄養学、公衆衛生学が主です。
栄養学とはいっても、栄養士のようなカロリー計算をすることはあまりありません。
基礎的な食物の栄養素などを学びます。
公衆衛生学は細菌の名前を覚えたり、殺菌の仕方など安全な料理を提供するために必要な知識を学ぶことができます。
経営や語学がカリキュラムに組み込まれていることもあり、もちろんテストもあるのでしっかりと勉強することが求められます。
調理専門学校では実践研修もあり、実際のホテルやレストランで1週間~2週間働く期間があります。
この実習では実際の現場の雰囲気や働く雰囲気を学ぶことができるので、就職の際の参考にもなります。

もっと調理専門学校の情報を探すなら

大阪 調理専門学校